2017年9月24日日曜日

和風総本家なのかアステカ文明なのかどっちだよ。

超絶ペイントGUZZIのオーナー、亀ちゃんよりお仕事入る。
亀ちゃんはリクガメとフトアゴヒゲトカゲをペットとして飼っている。
前回のペイントで左サイドカバーには亀施したけど
そういえばフトアゴさんはモチーフとして入れてない。
で、前回赤富士描いた右のサイドカバー、
あちらをスペア入手したんでフトアゴさんお願い、というオーダー。

画像では新入社員歓迎会で早く乾杯したいのに新入社員が
「あ、すんませんビール苦手なんでモヒート頼んでいいっすか?」で
生4つは速攻で来たのにモヒート全然来なくて乾杯し損ねてる
そんなサラリーマン達にしか見えませんが
これがそのフトアゴさんです。

ではやってみましょうかね。

まずベースカラーの黒塗って
フトアゴさんの塩梅の良い画像引っ張って来て
それ見ながら「あたり」つけてラフでシルエット落とし込みます。
で、その中の部分全部下地のプラスチック見えるまで彫っていきます。

折角塗ったもの彫刻刀で彫っていくなんざ正気の沙汰ではないです。

彫り終えました。
ワタシ、ガキの頃縁日の型抜きキラーだったので彫るのは得意です。
最終的にテキ屋にマークされて出禁喰らった程です。
小学生時代世田谷におったんですが
仕方なくチャリ飛ばして目黒不動尊の縁日にまで遠征して
そこで型抜きキラーしてた程です。
そんな話は何ら関係ありません。
ペイントしたモノを彫るという行為自体が正気の沙汰ではない、
そういえば話の論点はそこでした。

でまぁ彫った中の部分も黒く塗っておきます。
何で彫ったかというと螺鈿細工施すからです。
夜光貝は薄いとはいえペイントで埋めるには肉厚過ぎるので
ここで段差つけて少しでも下に沈めておかないとならんのです。
一番最初にトライした螺鈿細工。
ワタシのドカのシートカウルです。
これの時はクリアで強引に埋めようとしました。
しかし肉厚過ぎて吹いても吹いても埒が明かず、
仕方なしにクリア硬化剤入れて作ってわざと半日置いて
少しドロッとした状態にして垂らして埋めるという
物凄い荒業に出ました。
おかげで埋まりましたがクリアの塗膜の肉厚の限界を軽く超えていたので
数年経過してクリアが割れてまいました。。。。
自分の車体を実験のラボ代わりにして得たデータですので
ユーザーさんのオーダーでは同じミスはするまいと
彫刻刀で彫る狂気の沙汰をする運びとなった次第です。

螺鈿を形に適したピースを拾ってはワニスで固定していきます。
実は上半身でアワビ貝きらしてしまい
下半身別発注のアワビさんです。
個体差の模様の違いがありますが
自然物ですので逆にそれ愉しんでください(笑)


貼る事丸2日。
ようやく埋めたのでクリア塗って段差や隙間を埋めます。

で、真っ直ぐに研ぎ込んで最後のクリアコートでフィニッシュ。
本物の螺鈿工芸は漆で一旦模様も全部塗り潰してしまい
そこから模様が見えるまで磨き込んでいく、いわば「引き算」の工法ですが
ワタシのペイントはその本質が「足し算」故、
彫刻刀で掘り下げるという「引き算」を用いなければならないのです。

「サイドカバーでしょ?結構平面だから出来るよ~♪」
等と安請け合いしましたが
そういえばGUZZIさんは多角形が大好きなメーカーでした。
微妙にエッジあって貼るのかなり苦労したのは内緒です。

あと本物の螺鈿細工は漆と貝が面一なのですが
こちらは足し算が本質のペイントですので
クリアで鏡面仕上げです。

螺鈿、正直見てて飽きません。キレイっす。
しっぽだけ赤味強い個体のメキシコ産アバロン使いました。
メインは沖縄石垣産の夜光貝です。


うん、ワタシのドカに装着しても何ら違和感、無い(笑)


亀ちゃんに「出来たよ~」と連絡すると
GUZZI乗って取りに来ました。
というかその場でサイドカバー装着してみました。
えぇそうです、ワタシも亀ちゃんも「待てない子」ですwww
「おおぉ!タンクの旭日旗がアフリカの太陽になった!」
「うひょー!朝の体温上昇させてる行為だこれ!」
「何かもう野生の王国のナレーションしか聞こえてこねぇ!」
「久米明!!久米明!!」
お気に召して戴き光栄しきり。


だがやっぱり思った。
全身和柄がコンセプトだったはずのこのGUZZI。
フトアゴさんの影響力はやはり強い。
ぶっちゃけどこをどー観てもアステカ文明(笑)

2017年9月11日月曜日

すみません、今年2回目の「鎖国」します。

入庫のオーダー、もう壁いっぱいです。
ワタシはこの世に一人しかおりません。
ワタシも皆様と同じで1日24時間しかございません。

物理的に絶対こなせないので
9月・10月入庫ストップとさせて戴きます。
尚、事前に入庫予定で打診済の業者のものはOKです。
それを踏まえた上での満杯状態ですので。

但し初打診のものに関してはその許容の範囲ではございません故、
仮に発送等で強制的に送られたとしても
手を付けるのは絶対に11月からとなります。
何卒ご了承をば。

金沢箔とVELOCETTE。

毎度の深夜に一人対峙する箔貼り。
先ずはタンク片面にワニスを塗り乾燥時間は気温と湿度にその都度相談。
「いざいかん」というタイミングで箔を載せて定着させ、
和紙や色々なものを用いて圧迫して定着させる。
そして柔らかい刷毛で余分の箔を振るい落としてライン入れ終了。

このタイミングと置き時間で適切かを確認して、
1服入れて英気を養い集中力を高めていざ反対側へ。

と思ったら今回のVELOCETTEのライン、まさかの一筆書き。

距離長い。左右のバランスむずい。乾燥時間の段取り難しい。

一気に行くから全く休めない。

集中し過ぎて無呼吸状態で4回死んだ。
辛い。きだにんのバカ。

まぁ冗談さておき中々レアなラインパターンですが、
左右それぞれでなく一筆書き超ロングディスタンスなので、
いざ貼り始めたら休みなしでとことん集中なので、
左右それぞれのラインよりも結果疲れます(苦笑)

我が工房では海外製のゴールドリーフ(実は真鍮箔。肉厚で作業しやすい)ではなく、
金沢箔の本物の純金使用しています(真鍮箔に比べかなり薄く貼るのが難しいです)。

でもクリアコート入れた仕上げの輝きは流石の純金で美しいです。
折角の日本人ですからね。

あぁ和風総本家w




シートのエンド部へのロゴ入れなんかも出来まする。
フォントが複雑で断られたとか、
そのロゴのステンシル持ってないよで断られたとか、
オリジナルで何か入れたいとか、
そんな事でしたらご用命くださいませ。
ワタシ、ガキの頃縁日の「型抜き」得意中の得意でしたので、
だいたいのモノはアートナイフで切り出せるかと思われます(笑)
但し、染料はメーカーラインナップの基本色のみしかないので、
「もう少しトーンの落ち着いたゴールドで」とかは難しいです。
そこだけご容赦ください(苦笑)
バイク工房「蔵」さん、ご用命ありがとうございました♪

2017年9月7日木曜日

運慶快慶と子わっぱ。

こないだの日曜日、朝から魚肉の森のSRのEg組み上げでガレージ作業。
鬼教官矢部とワタシ2名に睨まれながらの作業は
さぞかし若者は緊張し、そしてくたびれた事であろう(笑)
状態の良くなかったクランクケースをドナーから移植した故に、
最後にオイルラインが元位置に届かず部品発注待ちとなり、
本日全て完了までいかなかったのはちょっと予想外ではあったが、
だが徹底的指導で得たものも多かったと思う。
そうだろ?森。(イェッサーへの強制的誘導w)

カツカツのスケジュールではあるが、
1か月前よりやると決まっていたからには無論手伝うよ。
それが先に経験した者が次へと伝えていく一番の方法論だから。

「有難いと感じたのであればそれを自分より若い次へまわせ」
これ、魚肉スピードのスローガンだかんね。

そんだけだ。

心地好く疲れたよい1日であった。
で、鬼教官は終始スパルタ指導していた為、

画像は1枚たりとも無いwww


2017年9月1日金曜日

無敵艦隊、墜ちる。

本日ブースに水撒いて掃除していた時の出来事。

「!!!1番艦浸水!!!!」
「しまった!!いきなりで何も対応策ないぞ!!」
「2番艦も浸水!!!!」
「何だと!?こんな事が2つも一気にやってきたのではもう何も成す術がない!!!ぐわあぁぁぁ」

純国産の質の高さ故に3年も過ごしてしまったが為に、
無敵艦隊と勘違いし主力部隊はその性能を酷使。
それにも純国産という品質の高さから音を上げる事もなく
ただひたすら任務に全うしていたが、
その最期は船体が真っ二つに裂けて沈没するという壮絶な終わりであった。



安全靴の話です。

流石我らのミドリ安全靴。
チャイナ製が出来ない事(3年酷使)をやってのける!
そこが痺れる憧れるぅぅ!!

ありがとうございました。



慌てて靴買いに行ったら
「ナニコレ丸くて木靴みたいで可愛ぇ」で買ってきたが、
ペインターはどうせ1週間でパテ粉やサフェや水撒きで汚れるて。
そしてこれ、よく見たらチャイナ製。
こいつ、1年もたないだろうなぁ。。。。


2017年8月29日火曜日

業者様及び一般ユーザー様各位

この度銀座の服●時計店のグランドセイコーのディスプレイの什器
及び壁面のペイントの依頼をどういうワケだか受ける運びになってしまい、
9月の入庫の自由度が制限される事が予想されます。

現時点比較的仕事こなして空いてはいますが、
事前予約の分は作業枠確保してありますが、
新規でのオファーはセイコーさんの仕事明けるまで難しいかもしれません。
セイコーさんのオファーは9月末が仕上げ期限ですので、
それまでの間少々ご不便おかけするかもしれませんが、
何卒ご了承くださいますと幸いです。

STUPID CROWN Custom&Paint Factory
Mune.T.

2017年8月25日金曜日

ありがとうガエルネ。そしてよろしくガエルネ。

魚肉発足以来7年間ワタシの足を支え続けてくれた
GAERNE(ガエルネ)のオフロードブーツ。
適度にしなりがあり穿き心地も抜群、
何度かあったヌタヌタのマディの泥地獄の中1日履いて歩きまわっても水の侵入ゼロ。
素晴らしいブーツでしたが、
ザンネン集団魚肉スピードでの使われ方は恐ろしくタフであった故か
(マシンに乗ってレースしてる時間よりもコース上で力尽きたクルーの車体回収で
走り回ってる時間の方が遥かに多いw)、
流石にプラスチック(硬化ゴム)製のバックルが完全に悲鳴上げてもげはじめてしまった。


このガエルネ、正規輸入品であればこのバックルの交換は可能という事で
リペアお願いしようとも考えたが、
よく観察すると全てのバックルにクラック入っているのを発見。
全て交換で現役復帰も考えたが、プラスチックである以上
また10年内に劣化が来る事も考えられ、
断腸の念でこれにてお役目御免と判断させてもらった。


ありがとうガエルネ。お前が悪いワケじゃない。
お前は本当に優秀だった。
でもそのモデルである以上、またプラパーツの劣化からは逃れられない。
メーカーからリペアパーツが生産中止になったらもう直せなくなってしまうんだ。
悔しいがごめん。
今までお疲れ様、ありがたう。


最近クルーも普通に完走するようになったから
(あくまでも一般的には完走するのがフツーの事ですw)、
これからはあそこまで酷使されるシチュエーションも少ないだろう。
という事で今後のブーツは縁があってやって来た
ビンテージのGAERNEにお願いする事になりました。


モノに愛着の沸く性格である以上、
総レザーと金属バックルであれば幾らでもリペア出来る腕のある職人がいっぱいいるからね。
更に旧いモデルになったがこれからよろしゅうに(笑)