2017年3月12日日曜日

「モノ」の価値をどう捉えるかという話。

こないだ、OPENさせて間もない井開君のお店、
「Hoo Ikai and Passion Lethers(ホーイカイアンドパッションレザーズ)」
にお邪魔させて戴きました。


こじんまりとした雰囲気の良いお店(工房)の中で
迎えてくれた井開君。
開業おめでとうです!

ワタシも職人故、観た事も無い工作マシン達がずらりと並ぶ光景は
どうにもこうにもそそります(笑)

多分ワタシがコーフンしてモジモジしてるのを
「Muneさんおしっこしたいのかな」ではなくちゃんと読み取ってくれた井開君(笑)
目の前で一つ一つ作業を見せてくれました♪
おかげさまでコーフン通り越して失禁しましたw

機械にそっと添えられていた息子と井開君。
「絶対にこれで家族支えていくんだ」という
彼の気骨が溢れている気がします。
「正直駅前にある様な靴の修理屋さんの機械より遥かに高額でした」
というこのマシン。
しかしそれもまた井開君の気骨と
あらゆる仕事に対応してみせるという表れだと思います。
一つ一つ丁寧に作業を見せてくれた中で凄くそれが伝わりました。

因みにこのお店の前の看板、ツネちゃんの作品です。
ロッテ・ライニガーの影絵の作品みたいで
どこか暖かい懐かしい感じの佇まいでいいっすね♪
少し低めに構えたこの看板にも井開君の思いがあって、
「靴や鞄を大切にしてくれる年齢層ってご高齢の方が多いと思うんです。
だから腰の曲がったおばあちゃんが目に出来る高さにしようと思って」
なるほど!それは面白い(笑)
「あと、同じく目線の低い地元の子供達が成長して困った時に
あぁ、確かあの道沿いに修理屋さんあった気がする、って
思い出してくれた時にウチがあればいいな、って思いも込めてます」
そう、やっぱり長く続けたいっていう気持ちが込められてます。


そんな彼の仕事を支えている機械達。
今ではこの機械自体が生産中止になっているものも多いそう。
もう靴や鞄を修理していつまでも、という時代ではなくなっているのかもしれない。
それはそれで寂しいね。

「例えば革自体が破れちゃったとしてもそれも治せるの?」
「ええ、勿論です。色も併せて再現できるので
革の厚さも質感も再現して修復可能です。」
うん、これってワタシのレストアと全く同じだね。
もう一度使ってもらう為のリフレッシュ作業。

彼と話して作業みせてもらって
同じ考え方で同じ姿勢で向かっているんだね、って
凄く共鳴させて戴きましたです。

でね、今回彼のお店を訪問したのはこれの修理を頼んでまして。
20年前にふと見つけて購入したボウラーシューズ。
Lambrettaブランドのものです。
ふと見つけて購入しただけのものでしたが凄く気に入ってまして
だいぶ履きました。
おかげさまで革はワタシの足に馴染んで余計にお気に入りに。
でも20年はやっぱりくたびれて
遂にはソール(底)が剥がれちゃう始末。

これは流石にもうダメかな、と思ってた矢先に
井開君よりTRIUMPHの外装のペイント依頼がありまして
そういえば井開君、独立して開業したって言ってなかったっけ?と相談したところ
「これなら全然復活しますよ、任せてください」となりまして
トラの外装とボウラーシューズを互いに交換して互いに腕を振るうという
奇妙な結果と相成った次第です(笑)

気に入り過ぎてしょっちゅう履いてるモンだから
「いいな、ワタシも欲しいな~」で見つけて来たカミさんのが下の。
その時にはもうこのLambrettaブランド消滅してて
何とかネットで見つけ出して買ったんです。
これで比べると理解り易いんですが
今回ラバー(生ゴム)と靴の間のレザーが2枚挟まれてます。
「Muneさんお気に入りで凄い履くって訊いたんで、
歩き回った時の足の負担減らす為にも底のレザー2枚にしました」だそうで。
更に靴の中に仕込まれてるシャンクと呼ばれるスプリングみたいなもの。
「元々木製のものが入っていて左右どっちも折れてました。
それ観てホントに凄い履いてるんだなって判断出来たので
今回はシャンクはメタル製にチェンジしてあります」だそうで。
何かめちゃくちゃそういうの、嬉しいんですけど♪

因みに井開君は修理前と後では違いに気付かない位に
そんな風にナチュラルに仕上げるを基本理念にしているようですが、
今回ワタシが持ち込んだシューズが余程くたびれていたのでしょう。
履いた瞬間に「違い」がわかり過ぎました(笑)
これでまた20年履けそうです♪凄い嬉しい♪
正直お値段はそれなりにします。
20年前のこのシューズの値段と同じ金額です。
ですがワタシはその値段でまたこいつが復活して
ワタシと共にまた街に繰り出せる事の方が満足です。
そう、これが今回のタイトルです。
「モノ」の価値をどう捉えるかという話。
同じ金額なら新たな出会いを求めるのもまた一つの選択肢。
でもワタシの様にまたこいつと共にしたいというものまた選択肢。
そんな時に彼のお店の扉を開ければ
彼が気持ちに応えてくれると思います。
井開君、ホントにありがとう!

Hoo Ikai and Passion Lethers
〒161-0033
新宿区下落合3-21-4 1F
℡03-6908-3031

皆さんも大切にしているレザーグッズで修理・リペアしたいモノがあれば
是非問い合わせてみてくださいな。


余談。
そんな彼の持ち込んだTRIUMPHの外装。
「Muneさんすみません、外も中もかなり錆びてるんですけど」
「井開君、この表面のサビ、本物も詰ってるけどペイントだよこれ」
「ええぇっ!!!・・・ぁ、ホントだ・・・・」
オーナーすらも騙し通した前のぺインターに
ワタシは最敬礼をして作業に向かいました(笑)

剝いてみれば下地は凄いボッコボコでした(苦笑)
引っ張り上げて馴らしてハンマーでコツコツ修正していきます。

一つ一つ馴らしては仕上げていき

叩く・炙る・絞めるを繰り返しなだらかにしていき

こんな風に仕上げました、美しい凹みはそのままに(笑)

60年前の車体なので外装だけがピカピカにならない感じで。
何個かは凹み残して生き抜いてきた風合いに馴染ませて。
でもサビサビとかラットではなくて
そこはちゃんと愛されて大切にされてきた感じで。

映り込みの蛍光灯がぼやける感じのクリアで。
「え⁉これで塗り終わりなの⁉」
ペイント=ピカピカのツヤツヤというイメージの方もいるかと思います。
そう、これもまた今回のタイトルそのものです。
「モノ」の価値をどう捉えるか。


という話(笑)
人の趣味・嗜好は人の数だけあり。
だから面白い♪

2017年2月27日月曜日

3月の入庫ですが

申し訳ございません。
もう力石徹ですらぶつかる程の入庫量です。
3月の新規入庫はストップさせて戴きます。

4月以降で宜しければ相談は随時乗ります。

2017年2月6日月曜日

たまに多摩に集う会。

今年も業者の集う新年会、
「たまに多摩に集う会」を催しました。

思い返せば2010年より業者間の親睦交流で始めたこの会。
今年はメンバーの人脈で更に参加者が増え
総勢24名の豪勢な顔ぶれとなりました♪


元々は多摩地区の2輪・4輪色んなジャンルの業者同士が繋がる事で
ユーザーの皆さんがどこにでも気軽に顔を出せる環境を生み出す結果になって
自分の乗ってる車体のジャンル以外でも興味もってくれたり
「愉しそうだな、このカルチャー」となってくれれば
それがこの文化の成熟になるんだろうね、で始めたこの宴。


気が付けば多摩地区を大きく超えて23区も埼玉にまでも波及。
もはや集うルールが「武蔵野台地」か「関東ローム層」になってます(笑)
あ、それも越えて八ヶ岳が1名、長野が1名おりますがw


チョッパーのカスタムビルダー、旧車整備、4輪イタリアン専門店、
旧い車の鈑金塗装のスペシャリスト、メタル(鉄ね)アーティスト、
車検のスペシャリスト、シート屋、ペイント屋、そして各種メディアの方々。
ジャンルも仕事も様々な皆さん大集合です。


自分達も色んなジャンルの方々のお話しなので面白い。
だから初対面でも盛り上がります。
で、ジャンル違えど同業者なので会話の中のシンパシー、強い(笑)


下手すると業者の我々ですら旧車とチョッパーでは交流なかったり
ましてや2輪と4輪ではもっと交流なかったりするんです。
でもそれぞれ面白いSHOP・雑誌同士なら
せっかくなんだし交流してみたいじゃないですか♪
そんなこんなで開催7年目。


英国車屋にして最近はニーラー造ってるクニさんも初参加。
FLATFISHESの首謀者です。
ニーラーの件でイラっとくる事があれば今後はこの方にお願いします。
ワタシじゃなくてw











最初は多摩地区のほんの数名で始まったこの宴。



会を重ねる毎に人の輪でどんどん繋がりが増え

愉しくてよこっつはピッチャーで呑むようになり


今年は遂に埼玉地区の面々も大勢加わり

愉しく交流しているSHOPもこんなに増えました♪
これが結果皆さんの愉しいモーターライフにまで波及してくれれば
是、幸い♪




46works 46さん いきなり多摩地区ぢゃねぇwww
T.R.COMPANY 社長&宴の最年少三井君
RAZZLE DAZZLE Ryozzy君 サーフボード屋言うのやめりw
伊藤車輛 ヒゲ君 実は46さん・よこっつ・ワタシ・ヒゲ君は同い年。見えないけど(笑)
ADDICT CLOTHES 木谷さん。通称きだにん。皆この呼び名でいいよw
YOKO-TEC 横田。通称よこっつ。図体デカいけどハートはチキン。
エキセントリックモーターサイクル ケンタ。新たなメンバー連れてきてくれてありがとー♪
WEDGE MOTORCYCLE 二平さん。お会いしたかったので参加嬉しかったっす。
CHERRY'S COMPANY 黒須さん。カシスオレンジはしっかり覚えてますんで(笑)
JOYRIDE SPEED SHOP 西田さん。納品外回りでまた寄り道出来る場所増えました(笑)
GARAGE TAKA 飯野さん。今度遊びに行かせてくださいまし!
ハラペコモータース 堀之内さん。名前の由来で魚肉スピード出てきたの笑いました♪
GARAGE33 千葉君。帰りの車送迎、期待してたんだけどな~~w
PADDOX 國森さん。通称クニさん。今年もガンガンいきやしょうぜ~
AMP DESIGN 安食さん。何か去年は災難だったみたいだから今年は運気上がりますように!
ストバイ編集部 YASUさん&芝原さん。今年もユルい多摩地区よろしゅうに~
別冊OLD TIMER 神山。なぜか呼び捨てwww
みやけんさん。もうこのへんからLINKどこにすればいいのか理解んない(笑)
河野さん。フリーライターで方々で活躍し過ぎてもはやLINK不能w
そしてHPサイト無いけど鉄の造形はピカイチの小平にアトリエ構えるツネちゃん。
同じくサイト無いけど或る意味車検屋とデコトラで有名人の長野拠点のやすじさん。

(順不同っす、ってか最初と最後遠方で囲ってみたw)

で、参加表明あったけど体調不良で残念ながら今年不参加になっちゃった小沢さん、
同じくどうしてもスケジュール合わせられなかったRITMO SERENOのクルー、


参加してくださった皆様、お疲れ様でした!
また今年も1年頑張って
来年にまた笑顔と愉しい話でお会いしましょう♪



多摩地区の雑務係&黒子、Mune。

2017年1月20日金曜日

FOR SALE車輛情報。

アナタにぴったりの車両があるか否かはわかりませんが(笑)
色んなジャンルの車体のFOR SALE情報でゴザイマス。
もし気になる車体がございましたら
お気軽にお問合せくださいませ。
この業界、どうしても売り買いが狭い中で行われてしまいがちなものでもあり、
それはそれで結構な事ではあるのですが
新しい「人」との繋がりを開拓するのもこういう時には良いのではないかと思い、
今回掲載の車両に関してはガンガンLINKフリーで拡散して戴けると幸いです。
特にこれから乗りたいと思ってる若い人がいれば一番ウェルカム♪デス。

先ず1台目。
こちらはYAMAHA SR500です。

多摩地区では或る意味有名な車両です(笑)
女性オーナーがこれでサーキット走行会でもカッ飛んでおりましたのでw
基本内燃機・キャブ周りは純正ノーマルです。
主なカスタムポイントは
アエルマッキのロケットカウル加工取付
ペイントン製のシートワンオフで張替え
英国製ブラス材質のマフラーで非常に重低音でサウンドは素晴らしいです。
FORDのSTOPテールランプが付いています。
ミラーはプチレアなドイツ製BUMMのものが奢られています。
基本走行系・Eg系はフルノーマルなので普通に乗れます。
一番の点はこのカラーリングでしょう(笑)
出来ればこのまま女性オーナーに乗ってもらえればカッコいいと思いますが
イケメンの若いジェンダーレスBOYが乗ってもさまになります。
ワタシの様な40代半ばのおっさんにはきついですw
勿論ウチはペイント屋なのでリペイントの相談はOKです。

他各部詳細画像はこちらをどうぞ。
http://www.stupidcrown.com/minefujikosr500
こちらのSRは車検切れ現状で30万です。
車検・登録相談乗ります。
こちらの車両はSTUPID CROWNのワタシ、Muneまでお問合せくださいまし。


お次はこちら。
2016年ベイエリアカスタムショーで本家HDやトライアンフを抑え
オールドスクールチョッパー部門で見事アワード獲得したSRです。

こちらの車両はビルダーのケンタのSHOP
エキセントリックモーターサイクルで販売中です。
詳細はそちらでご覧くださいまし。
http://www.eccentric-mc.com/custom/1639

これだけカスタムされてて乗り出し価格120万です。
考え様によっては非常にお買い得でゴザイマス。


お次は同じくエキモのこれ。
これでもベースはYD250でございます(笑)

これがどーなったらあーなるんだ、っていうカスタムですw
というかあまりにマイナーな車体過ぎてネットでまともな画像がございませんでした。
凄い勝手ですが販売店の画像拝借して参りました。
沖縄・宜野湾のSHOPの方、ホントすみません。
同胞という事で許してくださいまし(笑)

こちらはフォルム見れば察する通り、ライディングは少しハードでしょうw

これも気になる方はエキセントリックモーターサイクルに問い合わせてみてくださいまし。


で、最後の車両は現在レーサーです。
ROYAL ENFIELDのレーサーになります。
こちらは先に販売価格を記載しましょう。
現状渡し58万円です。

主なスペックとして
エンジン535cc
612ccキット用ビッグヘッド搭載
ハイカム
レーシングハイコンプピストン
ビッグバルブ
AMALプレミアキャブ
ミッション4速クロスミッション
クラッチ レース用乾式
リアサス オーリンズ
前後Hリム
フロントディスク化
オープンプライマリー

こんな感じです。
現時点マフラーのサイレンサーだけ外されています。
こちらは改めて何かしらを入手してください。
エンフィとはいえサンデーレースではかなりの戦闘力を持ち得ています。
競技者人口の少ないクラシックバイクレースでの参戦が即時可能です。

一応書類ありますので公道仕様に戻す事も可能です。
この場合は販売価格と別途で保安部品をお求めください、との事です。

エンフィでカフェレーサー仕様にしている人にとっては
この上ないスペックだと思います。
正直上記の内燃機加工だけでも100万近く掛かります。
このままのスタイルで公道で乗れば速くてパワフルで注目されると思います。
でもね、折角オーナーがレースへの情熱でここまで仕上げた車体。
出来ればレース参戦を目標に入手してくれる人が現れたらいいな、と思ったので
こうして掲載した次第なのです。
オーナーは更なるステップアップを目指し時期マシンを入手しています。
もうレースを辞めたワケではないんですね。
オーナーはFB等SNSでFOR SALEと出していました。
彼を応援するフォロワーがこぞってシェアしてはいましたが、
何せ狭いこの業界。
フォロワー同士も横で繋がっているし
もっと言っちゃえばそんなフォロワーあまねくレーサー持ってるんです(笑)
オンロードのクラシックレーサー然り、オフロードのVMXレーサー然り。
3輪のニーラーまで造っちゃうアホしかいない超狭い世界なんすわw
「これじゃ絶対外の世界には拡散しないなぁ」と何か思っちゃってね(苦笑)

なんかね、ここらで新しいNEWカマーに拡がっていかないと
この先細々となっていくしかないだろう、と思っちゃって
SNSよりは不特定多数の人が閲覧するだろうと思って(稚拙な更新しない怪電波ですがw)
オーナーにメッセージ送って許可戴いて
こうしてここに掲載してる次第なのです。


勿論、レース参戦考えていなくともそれは構いません。
これだけのモディファイを受けたエンフィ、早々ありません。
そう考えれば破格の金額だと思います。
オーナーの彼の時期マシンへの資金になればそれが一番です。
でも、もしこのマシンでサーキットを走ってみたいかな。
なんて思った方がおりましたら是非ともご一報ください。
怪電波ご覧になった方のオファーはワタシMuneがオーナーへと取り次ぎますので。



以上、
ロケットカウルカフェレーサーSR500
ソフテイルSR400チョッパー
原型無きディガーYD250
純レーサーだが公道カフェレーサーにも成り得るエンフィ535

まともではないがドンピシャな方にはお値打ちばかりの
車輛FOR SALE情報でございました(笑)