2017年8月3日木曜日

JAPエンヂン考察。

一つ前の記事、お譲り頂いたJAPエンヂン考察。
確かにその後ちょっと調べてみるとHRD(Vincent)とJAP
両名表記は結構あったりしまする。

なるほど、そうなるとこの譲って戴いたEgに
故N氏がどこかでHRDと彫らせたのも納得です。
が、という事はJAPエンヂン使ってたどこのメーカーでも良かったワケで
(画像はOK SUPREME)

これからでっち上げるっちゅう事はZENITHにでも成り得るワケで

要は「紛い物」なんだから気楽にやれ、っちゅうワケで(笑)
気持ちが楽になったというお話ですw
(画像はEXCELSIORのオートレーサー)

時代的にも無論こんなフォルムが卑怯な位にマッチしますが

こっちにだけは行かないように気を付けないとイカンですw

と、ここで悪知恵が来た。
「Muneさん、このEgで500㏄のF3造りましょうよ!!!」

あれか、その昔このクラスで勝てるEgが欲しくて
NORTON MANX欲しいんだけど
NORTONはEgクレート(木箱)売りしてくれなかったから
車体ごと購入してEgだけ抜き取って

余ったフェザーベッドフレームも優秀だったモンだから
今度はそれにトラのEg載せて出来上がったのがトライトンだっちゅう

むしろあの時代のフォーミュラカーの方を造ろうってか!

戦後間もなくの頃だったから
車体に使われたのが戦闘機の落としていった増槽だったという話もあるあいつ。
こ、こりゃあ浪漫あってカッコえぇやないか♪

ん?でも待てよ。
国内何台いるんだよ、F3。
「あー、サイドウェイトロフィーのフォーミュラカークラスに混ざってやればいいよ」
byみやけん
あー、あのオブソリのDG師匠が参戦してるあのクラスね~。


0 件のコメント:

コメントを投稿